まずは気軽に! 無料体験はこちら

過去の文、未来の文、現在完了形を学習します。

  • 既存のコースから単元を選んでコンパクトにまとめなおしたコースです。
  • そのため該当するコースをすでに受講されている場合、一度受講したことのある内容を再度受講いただく形となります
  • 一度受講されたレッスンでも復習として再度受講いただき、より定着させていただくことを目的としています
レベル
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
対応プラン
  • スタンダードプラン
  • ウィークデイプラン
  • 幼児プラン
  • 回数プラン
レッスン数
10レッスン
教材のサンプル
レッスン一覧(全10レッスン)
  • Lesson 1 過去形
    「昨日~した」などのように過去のことは、動詞の過去形を使って表します。
  • Lesson 2 未来を表す表現
    未来を表す表現には、〈be going to+動詞の原形〉と〈will+動詞の原形〉の2種類があります。
  • Lesson 3 現在完了形の用法①
    現在完了形は、過去から繋がっている「今の状態」を表現するときに用います。過去形と違い「今と関わりがある」ということが重要です。基本形は〈have+過去分詞〉で、主語が3人称単数のときは〈has+過去分詞〉になります。
  • Lesson 4 現在完了形の用法②
    「ずっと~である」という継続の意味も現在完了形で表すことができます。
  • Lesson 5 過去形と現在完了形の違い
    過去形と現在完了形の特徴をしっかり理解して、両者をしっかり区別できるようにしましょう。
  • Lesson 6 過去完了形
    過去完了形は〈had+過去分詞〉の形で、ある過去の時点とそれよりも前の時点に起きたことのつながりを示します。
  • Lesson 7 未来完了形
    来完了形は〈will+have+過去分詞〉の形で、未来のある時点までの完了・経験・継続を表します。
  • Lesson 8 過去進行形・未来進行形
    過去進行形は〈was[were]+動詞のing形〉の形をとります。「~していた」という、過去のある時点で進行していた動作を表します。
  • Lesson 9 現在完了進行形
    現在完了進行形は、「ずっと~し続けている」というような、過去のある時点から現在まで動作が続いていることを表します。基本形は〈have[has]+been+動詞のing形〉です。
  • Lesson 10 過去完了進行形・未来完了進行形
    現在完了進行形は、過去のある時点から現在まで動作が続いていることを表す表現でした。ここでは、その現在完了進行形の時間軸を過去へスライドさせた過去完了進行形と、時間軸を未来にスライドさせた未来完了進行形を学習します。
こんな方におすすめ
  • 英文法の基礎を学習したい方
  • 時制をマスターしたい方
  • 文法はある程度理解しているがそれを使った会話ができない方
学習する内容
  • 過去の文
  • 未来の文
  • 現在完了形
  • 過去完了形と未来完了形
  • 過去進行形と未来進行形
  • 現在完了進行形
  • 過去完了進行形と未来完了進行形
できるようになること
  • 上記の文法を理解しそれを使った簡単な会話ができる
  • 過去の文と現在完了形の違いを理解し会話の中で使い分けができる
教材担当より

このコースは英語の時制を徹底的にマスターするコースです。試験対策にも、日常会話の向上のためにも役立ちます。