【Kimini英会話】学研のオンライン英会話 - 31日間31円(税込)キャンペーン!(7/22まで)

31日間31円(税込)キャンペーン!(7/22まで)

中学生コース1

中学校学習指導要領に基づき、中学1年生で学ぶ英文法を中心に、会話で使える単語や便利なフレーズなどを学習します。
学校で学ぶ文法を英語で学びなおし、それらを使って会話ができるようになります。

45 レッスン

レベル:

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

対応プラン:

スタンダード
Plusプラン
ウィークデイ
Plusプラン
回数プラン
スタンダード
プラン
ウィークデイ
プラン
幼児プラン

教材のサンプル

レッスン一覧(45)

  • Lesson 1 あいさつをしよう
    基本的なあいさつの仕方や、アルファベットの発音について学習します。
  • Lesson 2 自分のことを伝えよう、相手のことをたずねよう
    be動詞を使った肯定文や疑問文を学習します。「私は〜です」「あなたは〜ですか」といった簡単な会話ができるようになります。
  • Lesson 3 相手の調子をたずねよう
    be動詞を使った疑問文や否定文を学習します。「あなたは〜ですか」といった質問をしたり、「私は〜ではありません」といった否定の文を言えるようになります。
  • Lesson 4 リーディング
    In science class, Jane noticed a new student and she talked to him.
  • Lesson 5 テスト
    Lesson 1〜4 の内容をおさらいします。
  • Lesson 6 身近な人についてたずねよう
    三人称が主語の場合のbe動詞の使い方を学習します。「彼/彼女は~です」「彼らは〜ですか」のような、自分とあなた以外の第三者について話すことができるようになります。
  • Lesson 7 「何」かをたずねよう
    疑問詞 what を使った疑問文を学習します。「これは何ですか」のように、不明な物などについて相手にたずねることができるようになります。
  • Lesson 8 リーディング
    Michelle and Miho are in JP Museum. They saw Jane there.
  • Lesson 9 テスト
    Lesson 6〜8 の内容をおさらいします。
  • Lesson 10 週末にすることを伝えよう
    一般動詞の現在形を使った肯定文を学習します。「私は毎日7時に起きます」「私は週末に映画を観ます」のように、よくすることや日課について伝えることができるようになります。
  • Lesson 11 ふだんするかどうかたずねよう
    一般動詞の現在形を使った疑問文と否定文を学習します。「あなたは毎日テレビを観ますか」といった質問をしたり、「私は週末は勉強しません」のような否定の文を言えるようになります。
  • Lesson 12 何をするかたずねよう
    疑問詞 what と一般動詞を使った疑問文を学習します。「誕生日に何が欲しいですか」「どんな音楽を聞きますか」のように、相手の好きなことやよくすることについてたずねることができるようになります。
  • Lesson 13 リーディング
    My name’s Anna. I usually get up early to go to school on weekdays.
  • Lesson 14 Self Introduction
    自分について話してみましょう。
  • Lesson 15 テスト
    Lesson 10〜14 の内容をおさらいします。
  • Lesson 16 指示をしよう、してはいけないことを伝えよう
    一般動詞を使った命令文を学習します。「右手を挙げてください」「ここで走らないでください」のように動作を表す動詞を使って、相手に指示をしたり依頼ができるようになります。
  • Lesson 17 時間をたずねよう
    時間のたずね方を学習します。「ニューヨークは今何時ですか」「あなたは何時に起きますか」といった時間に関する質問ができるようになります。
  • Lesson 18 リーディング
    Takahiro and Danica are going out together.
  • Lesson 19 My Daily Routine
    毎日することについて話してみましょう。
  • Lesson 20 テスト
    Lesson 16〜19 の内容をおさらいします。
  • Lesson 21 友達がふだんすることを伝えよう
    三人称単数が主語の場合の、一般動詞の現在形の使い方を学習します。「ボブは日本語を勉強します」「私の母は数学を教えています」のように、友達や家族がふだんしていることについて伝えられるようになります。
  • Lesson 22 友達がふだんすることをたずねよう
    三人称単数が主語の場合の、一般動詞の現在形を使った疑問文と否定文を学習します。「彼女はふだんネットサーフィンをしますか」「私の兄はオンラインゲームをしません」のように友達や家族についてたずねたり答えたりできるようになります。
  • Lesson 23 だれか、だれのものかをたずねよう
    疑問詞 who と whose を使った疑問文を学習します。「この男の子は誰ですか」「これは誰のスマホですか」のように、人物についてや誰のものなのかをたずねることができるようになります。
  • Lesson 24 いつか、どこかをたずねよう
    疑問詞 when と where を使った疑問文を学習します。「誕生日はいつですか」「どこでダンスの練習をしますか」のように、時や場所についてたずねることができるようになります。
  • Lesson 25 リーディング
    Jane and Yuta are talking during the break time in school.
  • Lesson 26 テスト
    Lesson 21〜25 の内容をおさらいします。
  • Lesson 27 買い物をしよう
    「それはいくらですか」「青いTシャツはありますか」のような、買い物をする際の簡単な会話表現を学習します。
  • Lesson 28 今、していることを伝えよう
    現在進行形の文を学習します。「今〜しています」のように、今まさにしていることや起きていることについて伝えられるようになります。
  • Lesson 29 今、していることをたずねよう
    現在進行形の疑問文と否定文を学習します。「今〜していますか」のように、今しているかどうかを相手にたずねたり、「今は〜していません」のように、今現在していないことについて伝えられるようになります。
  • Lesson 30 リーディング
    Ayako and Jane went out for shopping. Ayako is looking for a red sweater.
  • Lesson 31 Leisure
    余暇について話してみましょう。
  • Lesson 32 テスト
    Lesson 27〜31 の内容をおさらいします。
  • Lesson 33 できること・できないことを伝えよう
    助動詞 can を使った文を学習します。「ギターを弾くことができます」「泳げません」のように、できること・できないことについて伝えられるようになります。
  • Lesson 34 できるかどうかをたずねよう
    助動詞 can を使った疑問文を学習します。「車の運転ができますか」「いつまた会うことができますか」のようにできること・できないことについて、たずねることができるようになります。
  • Lesson 35 許可をもらったり、たのんだりしよう
    助動詞 can を使って、許可をもらったり依頼をする文を学習します。「ここで写真を撮ってもいいですか」「ゆっくり話してくれますか」のように、相手にたずねることができるようになります。
  • Lesson 36 リーディング
    Yuta and Ayako are talking about swimming. They are planning to go to the city pool.
  • Lesson 37 テスト
    Lesson 33〜36 の内容をおさらいします。
  • Lesson 38 電話をしよう
    電話をする際の簡単な会話表現を学習します。「もしもし、〜です。ジェーンをお願いします」「彼女は今外出しています」といった電話対応の際の基本的な会話ができるようになります。
  • Lesson 39 道案内をしよう
    道をたずねたり、案内をする際の簡単な会話表現を学習します。「すみません、郵便局へはどのように行けばいいですか」「この通りをまっすぐ行って最初の信号で右に曲がってください」といった基本的な会話ができるようになります。
  • Lesson 40 リーディング
    On the phone…
  • Lesson 41 テスト
    Lesson 38〜40 の内容をおさらいします。
  • Lesson 42 昨日したことを伝えよう
    一般動詞の過去形を使った肯定文を学習します。「昨日バスにかばんを忘れました」「先週友達と釣りに行きました」のように、過去にしたことや起こったことについて伝えられるようになります。
  • Lesson 43 今朝したかどうかたずねよう
    一般動詞の過去形を使った疑問文と否定文を学習します。「今朝朝食を食べましたか」といった質問をしたり、「昨日部屋の掃除をしませんでした」のような過去の否定の文を言えるようになります。
  • Lesson 44 リーディング
    Last Saturday, Kana went to a shop and bought a new pair of shoes.
  • Lesson 45 テスト
    Lesson 42〜44 の内容をおさらいします。

こんな方におすすめ

中学生

  • 中学1年生
  • 学校での成績が伸び悩んでいる方
  • 学校で学習した英語を「話せる英語」にしたい方
  • 英語を得意科目にしたい方
  • スピーキング力・会話力を伸ばして、周りに差をつけたい方

小学生

  • 小学校6年生
  • 中学校に入る前に、中学校で学習する内容を先取り学習したい方

学習する内容

  • be動詞
  • 一般動詞
  • 三人称単数
  • 疑問詞(what, who, whose, when, where, how)
  • 命令文
  • 現在進行形
  • Canを使った文
  • 一般動詞の過去形

できるようになること

  • 挨拶ができる
  • 簡単な語句を使って自己紹介ができる
  • 簡単な語句を使って家族や友達について話したり、たずねたりできる
  • よくすることや日課について話ができる
  • 簡単な指示ができる
  • 時間をたずねたり、答えることができる
  • 買い物をする時の簡単なやりとりができる
  • 今していることを伝えたりたずねたりできる
  • できること・できないことを伝えたりたずねたりできる
  • 許可をもらったり依頼することができる
  • 簡単な電話での応答ができる
  • 簡単な道案内ができる
  • 過去にしたことについて話したりたずねたりできる

基本的なレッスンの流れ

1始まりのあいさつ
レッスンの始まりに講師と挨拶をします。講師との初めてのレッスンの場合は簡単な自己紹介をします。
2例をみてみよう
ターゲットとなる文法や単語・フレーズを使った短いダイアログを学習します。日常生活の中でその文法や単語がどのように使われているのかを、講師と一緒に読んで確認します。
3単語とフレーズ
ダイアログに出てきた単語やフレーズの意味・使い方を確認します。
4発音のコツ
ダイアログに出てきた発音に注意したい単語やフレーズを確認します。講師と練習してより自然な発音を身につけます。
5キーセンテンス
ターゲットとなる文法や重要フレーズを確認し、語句を入れ替えて講師と練習をします。
6練習しよう
キーセンテンスで学習した文型や与えられた語句を使って、それぞれのイラストに合った文を作る練習をします。
7会話してみよう
キーセンテンスで学習した文型を使って、自分のことや家族・友達のことを伝えたり、講師にたずねたりします。レッスン以外で習った単語もどんどん使って講師と会話の練習をします。

学習のペース

英語に耳や口を慣らさせ、長期記憶として定着させていくためにも、可能な限り毎日受講していただくことを推奨しています。しかしながら、学業やお仕事の都合もあるかと思いますので、まずは週2回の受講を目安に継続してみましょう!

中学生コース1(全45レッスン)を全て終えるまでには…

  • 週2回受講
    約5.5ヶ月
  • 週4回受講
    約3ヶ月
  • 毎日受講
    約1.5ヶ月

教材担当より

スピーキング力を向上させるには、シンプルですが、とにかく話すことがとても大切です。しかしながら、現在の学校の英語教育では、教師1人に対して生徒が多数の授業スタイルが多いこともあり、圧倒的に話す練習をする時間が不足しています。

このコースでは、学校で学ぶ重要な文法項目をしっかりとおさえながら会話をする練習を行うので、普段学校の授業では不足しがちな「英語を話す練習」を毎レッスンしっかりと行うことができます。また、講師との1対1のレッスンなので、周囲の目を気にする必要もありません。講師と楽しく英語を学んで、スピーキング力を伸ばしましょう。

次におすすめのコース

前のページに戻る