【Kimini英会話】学研のオンライン英会話 - 31日間31円(税込)キャンペーン!(7/22まで)

31日間31円(税込)キャンペーン!(7/22まで)

小学生の英会話2

単語と簡単なフレーズを中心に学習を行いながら、実践的な英会話を学ぶコースです。「新しい」「背が高い」などのものや人を説明する形容詞や、気分や体調について表す表現を学ぶことで、自分の意見を少しずつ言えるようになります。また、道案内やレストランでのやりとりなどのシチュエーションを用いた実践的な英会話も学ぶことができます。スピーキングとリスニングだけではなく、復習として読み書きの学習を行っていただくことで、4技能の向上を目指します。

47 レッスン

対応プラン:

スタンダード
Plusプラン
ウィークデイ
Plusプラン
回数プラン
スタンダード
プラン
ウィークデイ
プラン
幼児プラン

教材のサンプル

レッスン一覧(47)

Lesson 1 1月から12月
1月から12月を英語で言ってみましょう。
Lesson 2 いろいろな国名
国の名前を英語で言ってみましょう。
Lesson 3 日にちを言ってみよう
日にちを英語で言ってみましょう。
Lesson 4 どこに行きたいか話してみよう
"What country do you want to go?"を使って、どこの国に行きたいかを話してみましょう。
Lesson 5 テスト
Lesson 1〜4 の内容をおさらいします。
Lesson 6 PからTの文字と音をべんきょうしよう!
アルファベットのPからTを学習しましょう。
Lesson 7 職業
職業の名前を英語で言ってみましょう。
Lesson 8 気分や体調
気分や体調を表す言葉を言ってみましょう。
Lesson 9 仕事について聞いてみよう
"What's his/her job?"を使って仕事について話してみましょう。
Lesson 10 気分や体調について話してみよう
気分や体調について言ってみましょう。
Lesson 11 テスト
Lesson 7〜10 の内容をおさらいします。
Lesson 12 物のとくちょう
物のとくちょうを説明する言葉を英語で言ってみましょう。
Lesson 13 61から1000の数字
数字を使って値段を聞いてみましょう。
Lesson 14 物のとくちょうを聞いてみよう
物のとくちょうについて話しましょう。
Lesson 15 買い物をしてみよう
1から1000までの数字を使って買い物をしてみましょう。
Lesson 16 テスト
Lesson 12〜15 の内容をおさらいします。
Lesson 17 教科
教科の名前を英語で言ってみましょう。
Lesson 18 人のとくちょう
人のとくちょうを表す言葉を英語で言ってみましょう。
Lesson 19 好きな教科について話してみよう
"Which subject do you like?"を使って、好きな教科について話してみましょう。
Lesson 20 人のとくちょうについて話してみよう
Whoを使って人のとくちょうについて話してみましょう。
Lesson 21 テスト
Lesson 17〜20 の内容をおさらいします。
Lesson 22 UからZの文字と音をべんきょうしよう!
アルファベットのUからZを学習しましょう。
Lesson 23 道案内をしてみよう(1)
建物や施設の名前を使って、道案内で使う言葉を学習しましょう。
Lesson 24 レストランで注文してみよう(1)
食べ物や飲み物の名前を使って、レストランでの注文の仕方を学習しましょう。
Lesson 25 道案内をしてみよう(2)
建物や施設の名前を使って道案内をしてみましょう。
Lesson 26 レストランで注文してみよう(2)
食べ物と飲み物の名前を使ってレストランで注文してみましょう。
Lesson 27 テスト
Lesson 23〜26 の内容をおさらいします。
Lesson 28 味を表す言葉
味を表す言葉を英語で言ってみましょう。
Lesson 29 毎日すること
毎日することを英語で言ってみましょう。
Lesson 30 味について話してみよう
食べ物の味について質問したり、答えたりしましょう。
Lesson 31 毎日何時にするのか話してみよう
"What time do you ___?"を使って、何時に何をするのか話してみましょう。
Lesson 32 テスト
Lesson 28〜31 の内容をおさらいします。
Lesson 33 スポーツ
スポーツの名前を使って、得意なことについて話してみましょう。
Lesson 34 感想を言ってみよう(1)
学校行事の名前とその感想を英語で言ってみましょう。
Lesson 35 得意なことについて話してみよう
スポーツの名前を使って、得意なことについて話してみましょう。
Lesson 36 感想を言ってみよう(2)
学校行事の名前とその感想を英語で言ってみましょう。
Lesson 37 テスト
Lesson 33〜36 の内容をおさらいします。
Lesson 38 場所を表す言葉
場所表す英語を言ってみましょう。
Lesson 39 やりたいことについて話してみよう
何をしたいか、英語で言ってみましょう。
Lesson 40 ねこがどこにいるか話してみよう
場所を表す英語をつかって、それぞれのものがどこにあるのか言ってみましょう。
Lesson 41 できることについて話してみよう
できることについて、英語で言ってみましょう。
Lesson 42 テスト
Lesson 38〜41 の内容をおさらいします。
Lesson 43 何をすべきか言ってみよう
動作を表す言葉を英語で言ってみましょう。
Lesson 44 教室での決まりごとについて話してみよう(1)
動作を表す言葉を英語で言ってみましょう。
Lesson 45 何をしているか話してみよう
動作を表す言葉を使って、今何をしているのかを言ってみましょう。
Lesson 46 教室での決まりごとについて話してみよう(2)
動作を表す言葉を使って、教室での決まりごとについて話してみましょう。
Lesson 47 テスト
Lesson 43〜46 の内容をおさらいします。

こんな方におすすめ

  • 小学生のお子様
  • まずは楽しく英語に触れることからスタートしたい方
  • 楽しく小学生レベルの英会話を学びたい方
  • 簡単な単語は言えるので、文で話せるようになりたい方
  • 聞かれたことに答えるだけではなく、相手に質問できるようになりたい方

小学3年生以上のお子さまを受講対象の目安としていますが、就学前のお子様や小学1・2年生のお子さまでも受講可能です。

学習する内容

  • 月・日付の言い方
  • 国の名前
  • 職業
  • 感情を表す表現
  • ものや人を説明する形容詞
  • 61〜1000までの数字
  • 教科の名前
  • 建物の名前
  • 動作を表す動詞
  • スポーツの名前
  • 場所を表す前置詞 など

できるようになること

  • 月や日にちについて答えたりたずねたりできる
  • 「日本」や「アメリカ」などの国の名前を英語で言うことができる
  • 「将来何になりたいか」を、職業名を用いて伝えることができる
  • 「幸せだ」「悲しい」などの気分や、「お腹が痛い」といった体調について伝えることができる
  • 形容詞を用いて、ものや人について答えたりたずねたりできる
  • ものの値段について聞くことができる
  • 好きな科目について答えたりたずねたりできる
  • 簡単な道案内ができる
  • レストランで簡単なやりとりができる
  • 「すっぱい」「甘い」など、どんな味がするのかを答えたりたずねたりできる
  • 何時に何をするかなど、毎日することについて簡単な単語とフレーズを用いて答えることができる
  • 得意なことについて答えたりたずねたりできる
  • 場所を表す前置詞を使って、ものの場所や人がどこにいるかを伝えることができる
  • 今していることをたずねたり答えたりできる
  • 簡単な指示ができる

基本的なレッスンの流れ

1言ってみよう!
イラストを使って身近なものを英語で言えるよう練習します。
2会話のれんしゅうをしよう(1)
レッスンで学習するキーフレーズが、実際の日常生活でどのように使われているのかを、イラストを見ながら講師と一緒に確認します。その後、学んだキーフレーズを使って講師の質問に答える練習をします。
3会話のれんしゅうをしよう(2)
キーフレーズを使って、今度は講師に質問をする練習をします。
4やってみよう!
レッスンで習った単語やフレーズを使って講師と簡単なゲームなどのアクティビティを行います。

学習のペース

英語に耳や口を慣らさせ、長期記憶として定着させていくためにも、可能な限り毎日受講していただくことを推奨しています。しかしながら、学業やお仕事の都合もあるかと思いますので、まずは週2回の受講を目安に継続してみましょう!

小学生の英会話2(全47レッスン)を全て終えるまでには…

  • 週2回受講
    約5.5ヶ月
  • 週4回受講
    約2.5ヶ月
  • 毎日受講
    約1.5ヶ月

教材担当より

小学校3年生からを対象としたこちらのコースでは、お子様に英語を楽しんで学んで頂けることを最も重視しています。

楽しく英語に触れることを意識して教材の作成と講師への指導なども行っています。レッスンの中で出てくる単語は、小学生の生活の中で身近にあるものを厳選し、レッスン時以外の日常生活の中でもすぐに使えるようなものになっています。

従来の子供向け英会話の問題点のひとつとして、「聞かれたことには答えられるが、自分から質問することができない」ということが指摘されてきましたが、このコースでは聞かれたことに答えるだけではなく、相手にも同じ質問をして「会話」ができる力を養えるようにコース設計されています。

次におすすめのコース

前のページに戻る